膝栗毛 | HIZAKURIGE

三菱地所株式会社 / Apr. 2021

膝栗毛 | HIZAKURIGE

何気ない道が、エンターテインメントに。

81plus株式会社は、三菱地所株式会社の新規事業プロジェクト「膝栗毛 | HIZAKURIGE」に対して、総合的なクリエイティブコンサルティングを提供しました。

本プロジェクトにおいて、81plusが提供したサービスは下記の通りです。
①プロジェクトデザイン:事業戦略・コンセプト企画・ビジネスモデル立案
②エクスペリエンスデザイン:サービスのUX設計やアプリのUIデザインおよび開発マネジメント
③コンテンツデザイン:アプリに配信するコンテンツの企画およびライティング・撮影・収録
④コミュニケーションデザイン:ロゴデザインやコピーライティング・ウェブサイト制作・映像・スチール写真など
⑤デジタルマーケティング:デジタルマーケティング戦略の立案および広告配信設定/運用

HIZAKURIGEは日本橋から京都を結ぶ東海道五十三次を、実際に歩いて巡る”歩き旅”サービスです。
本サービスは、アプリから提供されるデジタル体験と、道や街で提供されるリアルな体験を組み合わせてサービスの顧客体験を作り上げています。
東海道の各所に歩みを進めると、寺や城・石碑やお店など、その場所に行かないと聞くことができない「音声ガイド」機能をアプリで提供しています。また、歩き旅の寄り道を探すオリジナル記事「膝栗毛マガジン」や、宿場町ごとに用意された膝栗毛提携店舗の「膝栗毛茶屋」など、リアルとデジタルを組み合わせた体験をご用意しています。

何気ない道が、エンターテインメントに。

膝栗毛は、東海道五十三次を巡る歩き旅アプリです。
道を歩いて、その街のストーリーを感じることで、今までただ通り過ぎていた街が好きになっていくかもしれません。

Logo Design

「街を巡り、歩く旅」というサービスを表現するロゴとして、道を想起させるモチーフに、緑から青へのグラデーションを加えることで美しい海と山の景色を表現しました。

検討段階のロゴデザイン

完成したロゴデザイン

UI/UX Design

本アプリは、デジタルの世界での体験だけでなく、実際に街を歩いたリアルな体験も組み合わせてUXが設計されています。旅前に読むマガジンや茶屋などの情報コンテンツ、旅中に現地へ行かないと体験できない音声ガイドやチェックインなど、全ての機能が直感的に美しくデザインされています。

Video

歩き旅サービスとい新しい概念を分かりやすく、そして楽しく伝えることをコンセプトに動画を制作しました。
2名の主人公をキャスティングし、東京・神奈川・静岡・滋賀・京都など様々な場所で撮影を行い、アプリのコンセプトを伝えるプロモーション動画と、広告等で活用するコマーシャル映像を制作しました。

プロモーション映像:16×9

コマーシャル映像:1×1

コマーシャル映像:16×9

Web

本サービスのコンセプトを伝えるべく、美しい写真と動画を用いたウェブサイトを構築しました。
また音声ガイドやマガジンなどの本サービスのコアのUXは、サイト内で体験できるような仕組みも実装しています。

Contents

アプリに配信されるマガジンと呼ばれるテキストベースの記事コンテンツと、音声ガイドと呼ばれるナレーションベースのガイドコンテンツの企画・制作も実施しました。

Digital Marketing

サービスの認知とユーザーの関心の獲得およびアプリのダウンロードを目的として、GoogleとFacebook/Instagram広告を用いたデジタルマーケティングを展開しました。
GoogleはYouTube広告とGDNに加えアプリのダウンロード広告を、Facebook/Instagramはフィード型のバナー/動画によるアプリダウンロード広告を展開し、両プラットフォーム共に複数のコピーライティング・バナーデザイン・動画を用意、高パフォーマンスでリーチとエンゲージメントを獲得することに成功し、大幅に目標を下回るCPIでのオペレーションを実施しました。

Photos

Staff

クリエイティブディレクター岩本 義樹
テクニカルディレクター伊藤 大要(Gungnir)
コンテンツディレクター
デジタルマーケティング
横山 ふみ
UI/Web/Logoデザイン鈴木 康平
ウェブサイト開発向山 俊明(Art Full Days)
映像プロデューサージョージ レイ
映像ディレクター・カメラ・ドローン江崎 龍彦
映像アシスタント・スチール写真ダン タンダ
スチール写真田村 雄介
出演池田 但仁愛
出演藤井 克也